セルジーン(CELG)が2017年Q1の決算を発表、1株利益はOK、売上高は予想を下回る

k20170428-14.jpg

4月27日、米国製薬大手のセルジーン(CELG)が2017年第1四半期の決算を発表しました。

【科目/2016.1Q⇒2017.01Q⇔アナリスト予想】
・売上高/2,512⇒2,960⇔3,040
・営業利益/1,002⇒1,111
・純利益/801⇒941
・1株利益/1.32⇒1.68⇔1.64


1株利益はアナリストの予想を上回ったものの、売上高はアナリスト予想を下回りました。

各製品別で見てみると、REVLIMIDは前年同期比20%増、POMALYST/IMNOVIDは33%増、OTEZLAは24%増と堅調な売り上げの伸びを示しています。

また、次の項目についてガイダンスの変更がありました。

【科目/2016⇒2017⇔アナリスト予想】
・営業利益率/約45.5%⇒約46.0%
・希薄化後EPS/5.85~6.21⇒5.95~6.29
・営業利益率/約56.5%⇒57.0%
・1株利益/7.10~7.25⇒7.15~7.30⇔7.23


順調な成長を示すセルジーンですが、薬価についてはトランプ政権の行方次第で変動的であり、開発や業績の進捗だけでなく、政治的な動向にも引き続き中止していかなければなりませんね。

ユニオンパシフィック(UNP)が2017年1Q決算を発表、売上高・利益共に予想を上回る

k20170428-13.jpg

4月27日、米国の鉄道最大手ユニオンパシフィック(UNP)が2017年第1四半期の決算を発表しました。

トピックスは以下の通りです。

・EPS(1株利益)は1.32ドル(前年同期1.16ドル・14%増)
・営業利益は18億ドルで(前年同期比6%増)
・稼働率は65.1%(前年並み)

【科目/2016.1Q⇒2017.1Q(増減)⇔アナリスト】
・売上高/4,829⇒5,132(6%)⇔5,030
・営業利益/1,687⇒1,793(6%)
・純利益/979⇒1,072(9%)
・1株利益/1.16⇒1.32(14%)⇔1.23


アナリスト予想に対し、売上高、1株利益共に上回る結果となり、2017年は上々の滑り出しとなりました。

売上高は、石炭、農産物及び工業製品の増加が、化学品及び自動車の減少分を補い、前年比2%増加となっています。

米国の景気を占う景気先行銘柄として有名なユニオンパシフィックの幸先の良い決算に、今後の更なる景気の拡大が期待できそうです。

オリックス銀行の定期預金が満期に。悩んだ末に引き続きお世話になることにします。

k20170428-01.jpg

個人的な話で恐縮ですが、オリックス銀行の定期預金(1年満期)が満期を迎え、利金をいただきました。

この1年の定期預金金利は0.20%で、100万円を預けておりましたので、今回ついた金利は税引後で1,594円となります。

ネット銀行ですので、メガバンクに比べればまだ金利はお得ですが、それでも定期預金の金利は下がるばかり。

マイナス金利の影響もあり、自動継続となった場合の金利は1年定期で0.15%、2年定期で0.25%となっております。

SBI債やマネックス債などの債券ですと金利はもっと高いですが、保護の対象外ですし、万一の際の流動性の問題や発行企業の財務健全性などもあり、虎の子のお金ですから簡単には投資できません。

現在、銀行株の株主優待で定期預金金利がアップする銘柄を物色していますが、最寄りの地銀で0.3~0.5%アップしてくれるような銀行はなかなかないのが現状です。

もうしばらくはオリックス銀行の定期預金に引き続きお世話になりたいと思っています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

キニナル

Author:キニナル
自ら定めたアセットアロケーションに基づき長期投資を実践しています。
日米の個別銘柄を中心に、債券からリート、ETFからインデックスファンドまで、投資に関する気になったトピックを毎日ピックアップして更新しています。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
ポチッと応援ください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
最新記事