スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争が激化する加熱式たばこ、フィリップモリスは将来的に紙巻きたばこ徹底を明言

フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)傘下のフィリップ・モリス・ジャパン合同会社は、快進撃を続ける加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」事業を加速させるとともに、将来的に紙巻き式たばこ事業からの撤退を明言しました。

紙巻きたばこを取り巻く環境は、健康面や環境面から規制年々が厳しくなり、税率もどんどん上がっている状態で、たばこ離れが進んでいます。

一方の加熱式たばこは、有害性成分を大幅に軽減できるとして、急速に利用者が増加しており、その中でも断トツの売上を占めるのが、フィリップ・モリスの「アイコス」です。

加熱式たばこは、言わば紙巻きたばこに替わる、たばこ業界の救世主と言えるでしょう。

今回のポール・ライリー社長の紙巻きたばこからの撤退宣言は、加熱式たばこの分野で今後もトップランナーとして走り続けることの決意の表れであり、並々ならぬ覚悟が伺えます。

気になるのは、加熱式たばこに対する規制の行方と、今後どれだけ普及するかでしょう。

厚生労働省は、従来の紙巻きたばこに加えて、電気加熱式たばこも、現時点では規制の対象とする案を示しています。

紙巻きたばこから加熱式たばこへとスムースな移行が進み、愛用者が増加すれば、将来的にじり貧だったたばこ業界も再び成長路線へと戻することができます。

たばこ業界復活の道が開けるか、今後も注目です。
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

キニナル

Author:キニナル
自ら定めたアセットアロケーションに基づき長期投資を実践しています。
日米の個別銘柄を中心に、債券からリート、ETFからインデックスファンドまで、投資に関する気になったトピックを毎日ピックアップして更新しています。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
ポチッと応援ください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。