スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国保証(7164)が2017年3月期の決算を発表、まさに「ドル箱」商売で増収増益

k20170508-02.jpg

5月8日、全国保証(7164)が2017年3月期の決算を発表しました。

平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)


今回発表された決算内容及び来期の見通しは以下のとおりです。

(科目/2016年・2017年(今)・2018年(予))
・営業収益/31,918・35,918・38,230(百万円)
・営業利益/25,125・28,139・28,790(百万円)
・経常利益/26,303・29,001・29,570(百万円)
・当期純利益/17,204・19,530・20,350(百万円)
・1株利益/250.20・284.04・295.95(円)
・1株配当/55.0・62.0・74.0(円)


なお、営業利益率は78.3%、ROEは23.8%、自己資本比率は34.2%でした。

なんといってもトピックスとして取り上げるべきは同社の営業利益率で、78.3%という驚愕の数字を叩き出しています。

住宅を購入する際の借入金に対して保証を行う会社で、一定の貸し倒れリスクを加味して手数料を徴収するだけの、まさに「ドル箱商売」と言っても過言ではないと思います。

来期見通しも順調そのもので、通期の配当金も12円増配の74円を予定しております。

ウォーレン・バフェットが唱えた「ブリッジ型銘柄」(橋を渡らないと向こうにいけないような場所で通行料を徴収するような商売をする会社のこと)に同社にも当てはまるでしょう。

じっくり持ち続けるには良い株ですね。
スポンサーサイト

マスターカード(MA)が2017年1Q決算を発表、売上高・利益共に予想を上回る

k20170503-03.jpg

クレジットカード大手のマスターカード(MA)が5月2日、2017年1Qの決算を発表しました。

アナリストの予想に対し、売上高、1株利益共に予想を上回りました。その内容は以下の通りです。

【科目/2016.1Q⇒2017.1Q⇔アナリスト】
・売上高/2,446⇒2,734⇔2,640
・営業利益/1,348⇒1,506
・純利益/959⇒1,081
・1株利益/0.86⇒1.01⇔0.94


1株当たりの利益は、94セントの予想に対し、1.01ドルとなりました。

また、売上高は、26億4,000万ドルの予想に対し、27億3,000万ドルとなりました。

トランプ大統領就任から続く好景気の流れに乗って、幸先の良い決算発表に市場も好感を示しております。

今後この流れがどこまで続くか注視していきたいと思います。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

キニナル

Author:キニナル
自ら定めたアセットアロケーションに基づき長期投資を実践しています。
日米の個別銘柄を中心に、債券からリート、ETFからインデックスファンドまで、投資に関する気になったトピックを毎日ピックアップして更新しています。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
ポチッと応援ください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。