メガバンクの一角、みずほフィナンシャルグループ(8411)、2017年3月期は増収減益、来期も減益の見通し

k20170517-03.jpg

5月15日、メガバンクの一角、みずほフィナンシャルグループ(8411)が2017年3月期の決算を発表しました。

決算の内容は以下のとおりです。

(科目/2016年・2017年(今)・2018年(予))
・経常収益/3,215,274・3,292,900・-(百万円)
・経常利益/997,529・737,512・550,000(百万円)
・1株利益/26.94・23.86・21.67(円)
・1株配当/7.5・7.5・7.5(円)


なお、営業利益率は22.3%、ROEは7.2%、自己資本比率は4.2%でした。

今回の決算発表におけるトピックスとして、経常収益はわずかながら増加したものの、経常利益は26%減、当期純利益については10%減となりました。

この原因はやはりマイナス金利政策の影響が大きいようです。

株式会社みずほ銀行及びみずほ信託銀行株式会社2行合算ベースの業務粗利益は、マイナス金利影響を主因に、前年度比1,579億円減少。

一方で、銀行単体合算ベースの経費は、前年度比361 億円増加しております。

当年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、前年度比673 億円減少し、6,035億円となりましたので、年度計画6,000 億円に対し100%の達成率となりましたが、もう一段の上乗せを期待していただけに少し残念な結果です。

来期見通しも1株利益はさらに引き下げられる見通しであり、マイナス金利下ではなかなか厳しい状況が続くものと思われます。

しかし同社は、30代の若手支店長の抜擢など、これまでにない改革に着手しており、業績だけでなく新しい銀行の在り方を見せてくれるのではないかと期待しており、今後の同行の行方に引き続き注目していきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

キニナル

Author:キニナル
自ら定めたアセットアロケーションに基づき長期投資を実践しています。
日米の個別銘柄を中心に、債券からリート、ETFからインデックスファンドまで、投資に関する気になったトピックを毎日ピックアップして更新しています。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
ポチッと応援ください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
最新記事