スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝セブン」に見る、外食産業とコンビニが顧客を奪い合う未来

k20170522-01.jpg

2017年5月までの期間限定で実施されているセブンイレブンの「朝セブン」。

対象のパンとセブンカフェのコーヒーがセットで200円というこの企画。そのお得感から、最近私も頻繁に利用しています。

同じようなサービスをマクドナルドでも実施していますが、街を歩けば必ず存在するコンビニとは違い、常に手の届くところにはないだけに気軽さでは断然セブンイレブンに分があります。

最近では、ハンバーガーチェーンや牛丼チェーンなどの市場を、コンビニが相次いで参入し、シェアを奪っているように思います。

その証拠に、コンビニ各社は新たな商品開発に余念がありませんし、イートインスペースを設ける店舗なども増えてきて、その思惑は露骨に映ります。

一方で、日用品などのコモディティはコンビニからドラッグストアが取って代わっているように思います。

最近のドラッグストアの急成長は、調剤の強みに加えて、集客のための日用品の安値販売でコンビニからシェアを奪っており、店舗数がコンビニ並みに増え続けています。

コンビニエンスストアの「外食産業化」と、ドラッグストアの「コンビニ化」。

業界ごとの垣根は段々と薄れ、いずれ区分はなくなり競争の時代になる気がしています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

キニナル

Author:キニナル
自ら定めたアセットアロケーションに基づき長期投資を実践しています。
日米の個別銘柄を中心に、債券からリート、ETFからインデックスファンドまで、投資に関する気になったトピックを毎日ピックアップして更新しています。

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
ポチッと応援ください!


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。